検索
  • 真事 田中

岩崎俊一さん


これを書いている今日、2015年12月25日。

コピーライターの岩崎俊一さんが亡くなって早くも一年が経ちました。

昨年12月20日、67才で亡くなるまで、40年近くお世話になりました。

会えばいつも軽口をたたきあい、憎まれ口を交わしあって仕事をしてきました。

表現とは、ものの見方とは、本質の見抜き方とは。それを教えてくれた岩崎さん。

暮れも押し迫った12月26日が通夜でした。会場に駆けつけると、

そこには癌でやせ衰えた闘病中の写真が飾られ、

硬直した遺体が、痛ましい姿をそのままさらけ出して安置してありました。

ありのままを表現したい。岩崎さんの遺体や会場に飾られた写真は、

会葬者にそう語りかけているようでした。

岩崎さんの最後の表現だったのでしょう。

岩崎さんの事務所から、2015年の12枚組のカレンダーをいただきました。

今年一年、毎月そのカレンダーをめくりながら、亡き岩崎さんと会話してきましたが、

とうとう2015年の最後の月もあと数日になってしまいました。

カレンダーと会話していてふと気づきました。このカレンダーのコピーは、岩崎さんが今日の社会にあてた遺言だったのかもしれない。

その遺言の意味をかみしめながら、あらたな2016年を生きていきたいと思います。


0回の閲覧

© 2015 ブランコHP